新日本プロレス公式HPより

第5試合は、金丸義信とエル・デスペラードの“鈴木軍ジュニア”対決。ここまでの公式戦では、ともに乱入や反則はあたりまえ、やりたい放題の無法ファイトを身上とする金丸、デスペラード。
 
だが、同門同士の対戦、しかも最終公式戦での同率トップ同士の対戦だけに、いつもの鈴木軍戦法が影をひそめる可能性も…? はたして二人は勝負に徹するのか? それともどちらかに華を持たせるのか? 予測不能の注目試合となりそうだ。


第6試合は、田口隆祐vsACHの公式戦。いつ何時も安定感のある試合運びを誇る田口と、ファイトスタイルと同様な猪突猛進型のACHがシングル初対決。

ACHがパワーと驚異の身体能力で勝ち上がるか? それともインサイドワークで勝る田口が2年連続の優勝決定戦に勝ち進むのか?

この日のセミファイナルは、タイガーマスクvsBUSHIのマスクマン対決が実現。かねてから同じマスクマンとして「ライガー、タイガーを越える」ことを表明しているBUSHI。

BUSHIが『SUPER Jr.』最終戦の舞台でタイガーからシングル初勝利を飾るのか? それともタイガーがベテランの意地を見せて、返り討ちにするのか?


この日のメインイベントにラインナップされたのは、KUSHIDAvsボラドール・ジュニアの一戦。
 
昨年、CMLL金曜定期戦のメインとしてアレナメヒコで行われた、NWA世界ヒストリックウェルター級王座のリマッチとなるこの試合。この時は、大激闘の末にKUSHIDAがボラドールに敗戦を喫している。はたして『SUPER Jr.』の舞台でリベンジすることはできるのか?

試合順でいくとKUSHIDAとボラドールjrの勝者!?
でもあるぞ!決定戦!!!

現在、Bブロックは8人の出場選手が全員「3勝3敗=6点」の首位タイで並ぶという前代未聞の異常事態。いわば、8人全員に優勝決定戦進出の可能性があることになる。

だが、大会規定には、「1位選手が同点の場合は、リーグ戦の直接対決の勝敗で順位を決定する」「なお、1位選手が複数で直接勝利の優劣がつかない場合は、優勝決定戦進出決定戦(ルールは状況に応じて決定する)」と明記されてあり、最終公式戦での勝敗によって、それぞれの選手の運命が大きく変わっていきそうだ。

優勝戦進出決定戦ルールは状況に応じてということなので同率首位の人数によって3wayマッチなどもある!?

いずれにせよ最後まで目が離せませんね^^

★Bブロック関連まとめ★
混戦Bブロック、直接対決うんぬんで決勝進出はこの人wwww
Bブロック今後の展開ネタばれ(誰でもわかるパズルの解答)
誰かBの最終戦の全パターン整理してくれ 81通りの可能性があるがww